ルビー/紅玉

コランダムの中でも赤色のものはルビーと呼び分けられ、太古の昔から価値ある宝石として扱われてきました。
その名前はラテン語の「ruber(赤)」からきています。
ルビーの中でも最高の赤色を持つものはピジョンブラッドと呼ばれ、その価値は非常に高くなります。

ルビーの赤は微量なクロムに因るもので、外部の光に反応して自ら発光するために常に赤く輝きます。


ニュース

ギャラリー

ページ数

RSS