ソーダライト/方ソーダ石

ソーダライトは準長石のソーダライト族の鉱物ですが、
いくつかの鉱物のグループ名にもなっています。
中でも12月の誕生石であるラピスラズリは、これらソーダライト類の鉱物が集まって出来たものです。

その青い色は顔料をはじめ、化粧品や医薬品として使われていたと言います。中世の絵画界ではラピスラズリの青が珍重されました。


ニュース

ギャラリー

ページ数

RSS